マガジンのカバー画像

入学後の学び

17
学生が書いた技術記事や学習内容をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

IT未経験が42tokyoに3ヶ月フルコミットした記録

2020年の10月から謎のエンジニア養成機関42tokyoで学んでいます。 入学から約3ヶ月経ちました。そこで、3ヶ月間で一体何が学べたのか、というところをまとめておこうと思います。約1ヶ月にもわたるつらーいPiscine(入学試験)を乗り越えた先に何が待ち受けているのか気になる方の参考になると幸いです。 ちなみに、プログラミング経験は大学のとき(非ITの理系学部)に授業、研究、趣味でMatlabとかC++、後Arduinoなんかを触ったことがある程度です。Web開発やコ

42Tokyo卒業!プログラミング知識0からC言語を学んだ2年と3ヶ月は実際に役に立ったのか?

こんにちは、42Tokyo生の、U(ユウ)です。 先日、ついにFirst Circle(別名Common Core)と呼ばれる基礎課程を終了し、晴れて42Tokyoを卒業しました! 卒業、と言っても、まだこれからも42のSecond Circle(応用課程)で学習を続けていくつもりなのですが、この区切りで42Tokyoでの2年+を振り返っておこうと筆(キーボード)を執りました。 まず、本題の42での学習は実際に役に立ったのか、そして次に、一体なぜ卒業まで2年以上かかるの

「勉強は1人でするものだと思っていた」。文系エリートをエンジニアへ転向させた42東京のコミュニティラーニング

文系大学4年の冬。国家公務員の試験に合格していながら、42東京の入学試験Piscineに挑んだ須藤理央さん。Piscine合格後は公務員としての就職機会を棄て、42東京への入学を選択します。  プログラミング未経験で入学してから一年半、42東京の課題にフルコミットしてきた生活はどのようなものだったのか。42東京の課題を通じて、須藤さんのエンジニア像がどのように形成されていったのか。 汗臭い努力を人には見せない飄々とした語り口ではありますが、その中に須藤さんの確かなエンジニアス

42 Tokyoを(ほぼ)卒業したので、今までの活動をすべて振り返ってみた

42 Tokyoに入って早2年。 ようやくFirst Circle(基礎課程)最後の課題をクリアすることができたので、今まで取り組んできた課題について、振り返りたいと思います。 42 Tokyoって何? 42 Tokyoでおこなったすべての課題の振り返り 今後どうするか についてざっくり書いていきたいと思うので、 42 Tokyoに入りたいと思っている人 今42 Tokyoに通っている人 42 Tokyoでどんなことができるのか知りたい人 にはきっと参考にな

校舎に潤いを。アクアクララが来た。

42東京の生活に欠かせない、水、そしてコーヒー、それを支えてくださる協賛企業であるアクアクララ株式会社さんのエピソードをご紹介します。 2022年1月 待望のウォーターサーバー導入今年1月、アクアクララ株式会社さんに協賛いただき、校舎にウォーターサーバーが導入されました。アクアクララはいつでも冷水、温水が使える便利なウォーターサーバーを提供する業界大手企業。開校からずっと、学生からの要望が多くあったウォーターサーバーが設置され、学生は毎日、このお水に潤されています。 学生

42 Tokyoの退学システムについて

先日フランス42 Parisの校長との懇談会があり、そこで感じたことを記事に書きました。 上の記事ではとりあげませんでしたが、懇談会で話題にあがり、ぼくを震えあがらせているのが「ブラックホールの変更」についてです。 42 Tokyoのブラックホールについて42 Tokyoには、ブラックホールとよばれる退学の仕組みがあり、これは自分の「手持ち時間」がなくなると、強制的に退学させられてしまうというもの。 課題をクリアすれば、この「手持ち時間」を増やすことができます。 たと

マジの初心者が42本科に入って3ヶ月経った記録

7月に本科に入ってから3ヶ月。一つ目の課題をクリアして、BHも無事伸びたので、振り返りと共にどんなことをしていたのかを書いていきます。 ちなみに一つ目の課題を解くのに約2ヶ月かかりました。早い人だと2週間とかで解いてました。ほんと人による。 42に興味のある人やこれから入る学生の参考になれば嬉しいです。また、本科生の方でもっといいやり方あるよ!という人はコメントください! Piscineとの違い Piscineと本科は違うところもあれば、同じところもある。 まず、個

42東京での成長の先に待っていた「滑らかな社会との接続」。コンピュータサイエンスを通じて開いた社会への扉。

誰から強要されるわけでもなく、イベントの告知や課題に関するアウトプット、便利な機能を実装し、学生同士助けを求める質問には即時に回答してくれる深田奈穂さん。42東京の学生誰もが知っている圧倒的な存在感をもつ彼女が、今だから笑って話せる10年間の過去を、静かに、とても丁寧に話してくれました。 気づけば不登校に。家で過ごすようになっていった高校時代 ーこれまでの人生、紆余曲折あったそうですね。まずは、どんな高校生でした? 深田奈穂さん(以下:深田):随分昔のことなので。あまり

私が42で取り組んだこと

2021年2月に入学試験であるPiscineを受け、2021年4月に入学してから約1年が経ちました。 私は大学と並行しながら取り組んできたので、課題の進度はそこまで早い方ではありませんが、なんとか退学にならずに勉強できています。 C言語の勉強を通してコンピュータサイエンスの学習をしています。 この記事では約1年間で学んだことをまとめていきたいと思います。 課題Libcの再実装 strlcpyやstrlcat、atoi、などの関数を再実装し、ライブラリにまとめたものを

tracerouteの出力を42生が調べたら

はじめにこんにちは、42tokyo Advent Calendar 2021の25日目を担当する、在校生のhiroinです。 この文書は「tracerouteの出力を42生が調べたら」と題しまして、 (1) 42生が日頃どのように疑問を解決しているのかの雰囲気を味わって頂く (2) 42で、ある程度課題をこなした学生は、一次情報をあたって調べることができることをアピールする ための文書です。 42生は分からないことがあった場合「ぐぐって最初にヒットした文書を読んで、はい終わり

ft_communication log005: snara

こんにちは、ウチイダです。 こちらの記事は、42Tokyoの期間限定課題 ft_communication の実施ログです。 ft_communication とは何か?については、以下のnoteでまとめました。 ウチイダが行ったft_communicationのレビューでお話しした内容をまとめました。 第5回は、snaraさんです。 00 - 自己紹介高卒認定試験に合格して、コンピュータサイエンスを学んでいる20歳のsnaraさん。 NHKの番組で42Tokyo

「42 Tokyo は、宝箱だと思った。」──大盛況の交流イベントを主催して見えたもの

先日、本校にて、「42 × キャリア──自分の原動力を見つける」と題したイベントが開催されました。 大盛況となったこの企画を主催したのは、コーチングを生業とする、一人の学生でした。 彼が今回初めて気づいたという 42 Tokyo の側面を、この対話でお届けします。 担当は、同じく 42 Tokyo の学生、尾上です。 ── まず、自己紹介をお願いします。 公楽:公楽(こうらく)と申します。 プログラマーとして15年間勤めた後、42 Tokyo に入学して1年になります。

42Tokyoに3ヶ月間育児をしながらハーフコミットした記録

2020/10から42Tokyoで学んでいます。同期入学でbashを真似たシェルを作るチーム開発プロジェクトを行った相棒の投稿に便乗して(構成も真似して)、私もこれまでを振り返ってみます。 私のプログラミング経験はBasic(中学校の技術家庭科)、Matlab(非IT系の大学院、ただの計算機として)、Python(CourseraのML, DLの講座、Build@Mercari)で、長期間に渡ってプログラミングやコンピュータサイエンスを学んだことはありません。 一方、アド

【42Tokyo】本科のカリキュラムと得られるスキルや投下時間 【開始半年で500時間】

無事にブラックホールを生き残ることができ、達成感が非常に大きいので、今年の振り返りも兼ねて、半年やった結果を色々とまとめていきたいと思います 対象これから42Tokyoに通おうと思ってる人 今42Tokyoで課題を進めている人 この記事では、42Tokyo本科で課題を進める上で各課題にどれくらい時間がかかり、どういったスキルを身につけることが出来るのか?ということを実際に私の例で説明しようと思っています。 課題を進める上での目安にしていただければと思います 前提知識の