42 Tokyo

フランス発のエンジニア養成機関・42 Tokyo(フォーティーツー)公式noteです。…

42 Tokyo

フランス発のエンジニア養成機関・42 Tokyo(フォーティーツー)公式noteです。当校の取り組みや学生の様子を紹介、入学試験 Piscineの体験談をまとめています。

リンク

ウィジェット

最近の記事

42Tokyo周辺のおすすめ飲食店(西新宿グルメ)

42Tokyoが六本木から新宿に移転してから、キャンパスだけでなく食事事情もよくなった。この記事では、私が行ったことのある42Tokyo周辺のオススメの飯屋を紹介したい。 42Tokyoについては上記の記事を参照されてほしい。 定食コガネ屋 おすすめ度 ★★★★★ 徒歩19分 ハラスはここが1番美味しい。ハラス系は他のお店も行ったが、ここが1番おすすめできる。 太樹苑 おすすめ度 ★★★★★ 徒歩14分 焼肉屋さんがランチにいろんなメニューを出している。ここの生牛カ

  • コンピュータサイエンスを体系的に学ぶためのロードマップ: おすすめの本と42tokyo

    コンピュータサイエンスを体系的に学びたいと思ったことはありませんか? プログラミングをする人であれば、なぜプログラムが動くのか、効率の良いアルゴリズムの設計、さらにはオペレーディングシステム、データベース、ネットワークの実装について興味を持ったことがあるのではないでしょうか。 実際、「エンジニア3年目におすすめする書籍」、「新卒エンジニアが読んでよかった本10選」といった記事がQiita、zenn、X、はてなブックマークなどでバズっているのをよく見ます(私もそのような記

  • 42東京 課題紹介 inception

    はじめに今回はinceptionという課題を紹介します。 実は一番最初の課題から順番に説明しようと思っていた矢先、仕事と課題とビザの取得、引っ越し等、いろんなことがあり書く気が起きず、だらけていました。 そんなこんなしている間に時は流れ、inceptionという2週間くらいでやれそうな課題に1ヶ月半もかけてしまいました。(理由はあるよ) ということで今回この課題についてどんなものを説明していきます。 inceptionの課題の中身とは簡単にいうとDocker を使えるよう

  • 42Tokyoの新校舎がイイ感じ!和・緑・本!

    みなさん、こんにちは。 先日、ぼくが学んでいる「42Tokyo」の新校舎に行ってきました。 (基本、自宅学習ですすめており、めったに学校には行かないので、42の校舎にいくこと自体、半年ぶりです) いままでの校舎は、六本木一丁目の「住友不動産六本木グランドタワー」内にあったのですが、あたらしい校舎は新宿の「都庁」近く。 最寄り駅は「西新宿五丁目駅」。 ほかにも「西新宿駅」や、「都庁前駅」からも歩いてすぐの場所。 今回はそんな新校舎の魅力を「和・緑・本」を軸にお伝えし

42Tokyo周辺のおすすめ飲食店(西新宿グルメ)

マガジン

  • #42tokyo 記事まとめ
    87本
  • 入学後の学び
    33本
  • Piscine体験記
    64本
  • 【連載】42 Tokyo 学生FILEまとめ
    13本
  • イベントレポート
    7本

記事

  • 【技術系記事】42Tokyo在学生が学んでいること総まとめ

    公式からほとんど情報の出ない「Piscine合格後に学べること」が少しだけ分かるまとめです。 まとめ系記事 個々の課題について イベント参加 公式によるまとめマガジン

    【技術系記事】42Tokyo在学生が学んでいること総まとめ

  • 【在学生評価】Qiitaにある42Tokyo良記事まとめ【Piscine体験談】

    働きながらでも42は受かるのか? プログラミング未経験で合格した人のPiscine体験談 在学生による42Tokyoの評価

    【在学生評価】Qiitaにある42Tokyo良記事まとめ【Piscine体験談】

  • Piscine体験記【もしあなたが凡人でも】

    2024年の3月Piscineに参加し、無事合格をいただくことができました。 未来のPiscine生へ向け、合格通知をもらってから入学までのこの時間を利用し、Piscineでの素敵で、それでいて不思議な体験を少しだけ共有しようと思います。 ・Piscine受験時のステータスあまり詳細に書くと身バレするので簡単に 大学生(文系情報学部) Pythonが少しかける程度(機械学習のライブラリを用いた簡単な分析など) 情報学部とは言っても技術的な知識はほとんど学んでおらず、既

    Piscine体験記【もしあなたが凡人でも】

  • 42でできた友人

    42Tokyoに入ってすぐに、プログラミングに非常に秀でた友人ができた。 その彼に学習のコツを尋ねたところ、とにかく「解きながら学ぶC言語(柴田望洋、他:著)」を、ヒントを見ずに全て解けるようにしろとのことだった。 この本の内容を端的に言うと、「ページに示された出力画面を再現するようにプログラムを作る」というものだ。 つまり、書いてある内容を覚えるというより、謎解きをする感じだ。 例えば、「整数値15と37の和を計算して、その値である52を表示するプログラムを書け」いう

  • 自己紹介

    初めまして。中国ではCHEN JIA(チェン ジャ)、日本では吉村 嘉(ヨシムラ ヒロ)と言います。 これからたくさんの方と出会うと思うので、ここで自己紹介をさせていただこうと思います。 〜中学小学校低学年からインターナショナルスクールに通っていました。当時本当に常識とか、遊び方とか何も知らない野生児みたいなもんでしたが、部活(バスケ)に入ることで友達から常識を教わり、人間らしくなりました。 ただ、のちに知ることになるのだけれど、インターナショナルスクール内の文化・人間関

  • 42tokyoの1次試験

    42tokyoの1次試験に挑戦した。 結果は合格だった。 雰囲気や感想をここに記録する。 今の自分 : この春から高3。 プログラミングは初心者(本当に何もわからない)。 発見 この世には、42tokyoという無料のプログラミングスクールがあるようだ。 1次の『Webテスト』2次の『piscine』を通して合否が決まるらしい。多分。 調べたところ、プログラミング言語や学習内容が、自分の気になっていることにマッチしていた。 あとはなにより無料。無料ほど安いものは無い…!

  • 【42tokyo】Piscineを終えて_2024.3.30

    ついに1ヶ月の闘いが終わりを告げた。 長いようで短い、あっという間に過ぎ去ったこの1ヶ月で来年度の入学者が絞られる。 42tokyoというコンピュータサイエンスの基礎の基礎から学ぶスクールの入学試験、Piscineを泳ぎ切 った。ここではその過程の記録と、4月以降の意気込みを表明する場にしたい。 入学試験が1ヶ月あるということから察しがつくように、普通の学校ではない。 Piscine、そして42tokyoについて後述するが、学ぶ内容・学び方・費用・待遇など、どこを切り

    【42tokyo】Piscineを終えて_2024.3.30

  • Piscine受験記|社会人でもなんとかなるはず

    受験から時間が空いてしまいましたが、社会人でも受かった人がいるみたい〜という話が誰かの励みになればと思い、ピシンを振り返ることにしました。 42についての説明は割愛します。 HP見てもそもそも情報量が少なく、Piscineの内容についても口外してはいけないことになっているようで、よくわからないけど(よくわからないからこそ)受けてみるかーと思った記憶があります。 Piscineの合格率4%という数字をみるとそんなに難しいのか?と躊躇してしまいますが、 数年前の記事から変わっ

    Piscine受験記|社会人でもなんとかなるはず

  • ドイツ留学への道:② プログラミングって?

    1. プログラミングって何をすればいいのか こんにちは。しゃるくです。 今回は、留学を決めてプログラミングの勉強が一番やらないといけないことだと気づいて勉強をしてきている話です。 21年12月に自衛隊をやめてすぐにしたことがプログラミングスクールに通ったことだった。オンラインにしたんだけどね。 そして、大学院受験を失敗して42東京(後で説明します。)受けて、受かって勉強をするという話です。 2. とりあえずやってみよう2-1 自衛隊時代にやっていたこと 実は、土日や休み

    ドイツ留学への道:② プログラミングって?

  • 2024/2月振り返り

    2月中で現在の会社を退職することを決めていたため、業務はほぼない実質ニートでした。 まとまった時間が取れると、思考が途切れずに前にやった内容も忘れずに課題に取り組めるのでとっても良いですね。今の自分の実力を考えると、社会人をやりながら42の課題を進められる気がしていないので、ニート期間に頑 張らなきゃーと思いながらの2月でした。 2/1 2/2 2/3 ft_printfの実装面白かった◎ 2/4 2/7 2/8 2/9 2/10 2/11 GNL 2-1回目

  • 【覚悟表明】休学して、コンピュータサイエンス学んでAI起業します

    2024年3月から大学院を休学します。 年収2000万安定ルートを捨てて東京大学から大企業への就職という黄金ルートも悪くない。 実際外資系のコンサルや投資銀行へ就職して、作り上げられた仕組みの中で堅く数千万円の給与を目指すルートもあった。周りからももったいないと言われる。 しかし、全くワクワクしなかった。就活を通じて色んな人と出会う中で、自分は仕組みを作る側に回りたいし、そこに熱量を持てるタイプであると自分の輪郭がどんどんクリアになっていった。 今ある組織をそこそこの

    【覚悟表明】休学して、コンピュータサイエンス学んでAI起業します

  • Piscine 42 in Spain

    この記事はスペイン語にやや不自由な日本人がスペインの42のPiscine(入学試験)に挑戦した話。想定読者は特になし、書きたいので書く。 ところで、コーディングにほぼ触れたことのない自分が42の入学試験に挑戦することになった理由は単純明快。 友達に誘われたから。 たまたま別のHP作成コースで仲良くなった友達に、 「こんなのがあって、今度やってみるんだ!今回は締め切っちゃったけど、次のやつをもちも受けてみたら?」 と言われ、えー、いいよ。と言って参加。 何も知らなかった