マガジンのカバー画像

#42tokyo 記事まとめ

62
42 TOKYOに関するさまざまな記事をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

仏発エンジニア養成機関「42 Tokyo」ってどんなところ?

はじめにこの文書の目的は 1. 42はどのような課題をこなすプログラミングスクールなのか 2. 42の課題をこなしている学生の特徴 の2つを示すことです。 この文書の対象読者は以下を想定しています。 ・42 Tokyoの学生がどのようなことを学んでいるのかを知りたい方 特に「42 Tokyoに属している方が就職の面接に来た際、その方がどのようなことを学んできたのかを事前に知りたい方」に読んで頂きたい内容です。 著者42 Tokyoの第一期生(2020年2月のPiscine

42Tokyo卒業!プログラミング知識0からC言語を学んだ2年と3ヶ月は実際に役に立ったのか?

こんにちは、42Tokyo生の、U(ユウ)です。 先日、ついにFirst Circle(別名Common Core)と呼ばれる基礎課程を終了し、晴れて42Tokyoを卒業しました! 卒業、と言っても、まだこれからも42のSecond Circle(応用課程)で学習を続けていくつもりなのですが、この区切りで42Tokyoでの2年+を振り返っておこうと筆(キーボード)を執りました。 まず、本題の42での学習は実際に役に立ったのか、そして次に、一体なぜ卒業まで2年以上かかるの

42Tokyo Piscine 11日目【授業】

それにしても不思議だ。 親切な先生もいなければ、卒業証書をもらえるわけでもない。 英語で書かれた数ページの課題が与えられて、その結果を機械採点に通すだけのシンプルなシステム。 そんな単純なシステムに参加者皆、前のめりになって学習している。 問題を解くための知識はすでにYouTubeやブログに氾濫していて、各々必要な情報を個人でネットで検索する。それでも理解が追いつかない場合は学習の進んでいる他の生徒に教えて貰えば良い。 知識を得る事が目的なら、これで十分なんではないかと

「勉強は1人でするものだと思っていた」。文系エリートをエンジニアへ転向させた42東京のコミュニティラーニング

文系大学4年の冬。国家公務員の試験に合格していながら、42東京の入学試験Piscineに挑んだ須藤理央さん。Piscine合格後は公務員としての就職機会を棄て、42東京への入学を選択します。  プログラミング未経験で入学してから一年半、42東京の課題にフルコミットしてきた生活はどのようなものだったのか。42東京の課題を通じて、須藤さんのエンジニア像がどのように形成されていったのか。 汗臭い努力を人には見せない飄々とした語り口ではありますが、その中に須藤さんの確かなエンジニアス

34歳、キリも良くない年齢で。

30歳でも35歳でも40歳でもない、少し中途半端なこの歳に、ひとつの挑戦を決めた。 42Tokyoというフランスはパリ発のエンジニア養成機間で、フランスにおける「教育現場の壊滅」という大きな問題に直面があり、ITエンジニアとして雇用されるために、厳しい学歴フィルタが存在している中で、待ったをかけるべく、実業家ザヴィエ・ニエル氏が個人資産を投げうって始まったプロジェクト。 2021年6月DMMによる誘致で日本でもスタートしました。 Piscine(フランス語でプール)と評さ

42Tokyo での学びを振り返って

こんにちは、ウチイダです! 42Tokyoの最初のころから在学していた1人ですが、あす2022年8月30日に在学期間終了となります。 2020年2月の入学試験に合格して、2020年6月から本科に入学したので、2年半の学びの道程でした。 実はさっきまでラストチャンスのピアレビューをやっておりました。 レビューを通せればもうちょっと期間が延びていたはずなのですが、力及ばずバグを取り切れずに不合格となってしまいました。 レビュー終わって、そのままの勢いで久しぶりにnoteを書い

人生のターニングポイントは「今」。家族も会社も守れるセキュリティエンジニアを目指して

日系ブラジル人の父を持つ木村歩美(きむらあゆみ)さん。6歳の時に来日、ついこの間まではファッションデザイナーを夢見る、ごく普通の女子高生だったと話します。高校卒業後、歳の離れた兄の影響でプログラミングの世界に興味を持ち、42東京へ。元々勉強は苦手だったと語る木村さんですが、持ち前のチャレンジ精神で経験ゼロからPiscineに挑み、合格。ここまでのストーリーと、この先見つめる将来について話を聞きました。 6歳でブラジルから日本へ。ファッションデザイナーを夢見る普通の高校生

42Tokyo Piscine 0日目

42tokyoというプログラミングスクールがある。 入学試験である、一ヶ月続くピシンは今まで体験したどの入学試験よりも、ハードでだった。 試験を通過すれば全額無料だが、丁寧に教えてくれる先生はいない、自力で課題を解いていくだけというなんともスパルタな学校に入学することができる。(16歳以上で入学試験を受けることができる。) 受験者の顔ぶれは若者(16〜20)大学生、そして私のような若干のオッサンが42tokyoの構成するメンバーだ。 若い人を中心に一旗上げようと集まっている

学びの本質とは 42 Tokyoの学び方

先日、フランス42 Parisの校長が、42 Tokyoを訪れました。 そこで設けられたのが生徒とのコミュニケーションの場。 その中で、42 Parisの校長が語った「42での学び方」が強く印象に残りました。 仲間と一緒に「生活する」ことの大切さ42のスピリットは、リモート、オンラインで1人で学ぶことではない、と42 Parisの校長は言いました。 42はコミュニティが重要なので、物理的に学校に行くことを大切にしているとのこと。 「一緒に苦労しながら挑戦する」ことが

42tokyo 反省会

ということで積もりに積もったサボり癖により、ついに期限を迎えました、42 Tokyo 生活。奇しくも新しい入学生が入るタイミングで入れ替わるように退学となってしまったわけですが、なんとなく書く気が湧いたので反省会を始めていきたいと思います。唐突。 よかったこと、よくなかったことよかったこと プログラミングに対して見通しがついた。 人のコード、リファレンス、ドキュメント、などなど読むのに慣れた シンプルに楽しかった もっとこうすればよかったなと思うこと 課題をどんど

42Tokyo Piscine 9日目[42歳が20歳にマウントを取られる]

42Tokyoのpicine中の醍醐味は課題発表のレビュー(コードの発表,採点 を生徒同士でやるというシステムである。) ショックだったのは若い学生がやたらマウウトをとってくるという点だ。 レビューを生徒同士するというシステムはとても良いと思うのだが、 マウントを取られるのは心にすりキズが蓄積していく体験でもあった。(サラリーマン時代には君と同じ年代の部下が、、居たな、、ということも頭によぎりつつ、)同じ課題をといていて、差がつくのは、中々辛く悔しい体験でもある。 俺は、

なんで、私が42Tokyoに!?       (共に泳いだPisciner向けです)

はじめにnoteを見ていただきありがとうございます! どうも、大学院生のMinatoです。 ただみんなに便乗してもつまらないので、一緒に泳いでくれた人たちに向けて記事書きます笑 自己紹介 自分は機械工学を専攻している大学院1年です。(2022/3/22現在) 大学入試の1次試験(当時センター試験)に失敗し、豊橋とかいうどこにあるかもわからん某技科大に入学。 工学なんて元々やりたいわけじゃなかったため、モチベなど上がるわけもなく成績低迷。。。 2年時にはGPA1.6下回ると

元不登校が42Tokyoに入学するまで

はじめまして! 42Tokyo Advent Calendar 2021 14日目を担当する在校生のmmasudaと申します。 この記事では小学四年生から不登校だった私が42Tokyoというパリ発のプログラミングスクールに入学するまでをお話ししたいと思います。 不登校になるまでの経緯 私は小さい頃から感情の起伏が激しくて、家では理由もなくいつも怒っていました。 幼稚園は、行きたくないと親の腕の中で泣き喚き、いざ幼稚園に送り出せば今度は帰りたくないと歩道の真ん中で暴れ回る、

WHY 42?: ピアツーピアの起こす教育革命

みなさんこんにちは、42Tokyo Advent Calendar 2021 の12日目を担当する、在校生の U(ユウ) です。今日はWHY 42?と題し、自分に最高の教育を選ぶをテーマに、”ピアツーピア”について考えていこうと思います。 まずさらっと自己紹介をさせていただくと、自分は2020年1月に42Tokyoの初Piscineを受けてからはや2年、入学当初は42Tokyoと大学の二足の草鞋を履きながら、今は紆余曲折あって大学を休学して、42Tokyoにフルコミットして