マガジンのカバー画像

Piscine体験記

49
42独自の入学試験「Piscine(ピシン)」に挑戦した方々の感想まとめです。
運営しているクリエイター

#プログラミングスクール

42 Tokyo、 Piscine、 それとエスプリ

先月、42 Tokyo というソフトウェアエンジニア養成機関で、Piscine(ピシン)と呼ばれる入学試験を受け、無事入学許可をもらいました(※ トップ画像は 42 Tokyo ウェブサイトより)。この試験、平日休日を問わず4週間にわたって連日、次々と出てくる課題に朝から深夜まで向き合うことが求められるのですが、仕事のかたわら試験を完走したときには当然、満身創痍。 フランス発の「42」を知る42 Tokyo は、ソフトウェアエンジニアを養成するために設立されたフランスの「E

スキ
21

42Tokyoで身に付く問題解決力の正体

42Tokyoの本科が開講して1年が経ちました。退学していく学生もいれば新たに参加する学生も増えて人が入れ替わる中、私もどうにか学習を続けられています。 以前に「学び方の学び方」の話題に触れ、自分にも問題解決力がついてきている、と書きました。 42Tokyoが提供する、問題解決力の正体が明確な言葉になったのでここに書いてみます。 完全放任の学習スタイル42Tokyoの学習スタイルは独自で、完全放任です。 入学した学生は、課題とその期限だけが設定され、ひたすら解き続ける

スキ
12

Piscine(ピシン)という試験に参加して

ひょんなことからプログラミング学習の試験に参加することになった。 それは、諸外国で無償でプログラミングの学習を出来るように様々な企業が賛同、参加している42Tokyoというものだ。参加した軌跡を学校に入れるか入れないかも含めてライブ的に書き留めておこうと思う。 42Tokyoとは☟42 Tokyo(フォーティーツー)は、フランス発のエンジニア養成機関です。 「挑戦したいすべての人に質の高い教育を」を理念にシリコンバレーをはじめ、世界各国でエンジニア教育をおこなっています。

スキ
18

【42 Tokyo Piscine】開始直前までの話と参加動機

昨年11月から今年1月までの流れを振り返る。 2019年11月中〜下旬 何人かのDojo関係者が話題にしていたこと、知り合いのJKがオンラインテストを受験したとの報告を見て、42の存在を知る。 Web登録とオンラインテストに参加。 周囲の人達と比べると全然出来てない…でも合格通知が来た。おおお。 Piscineの申し込み手続き。現時点で予定が殆ど入っていない1月を選択。 Registrationの日程が他の予定と被っていたが、問い合わせたらPiscineの初日朝に来れば良

スキ
4